合法性
について

オンラインカジノの合法性について

前項で説明した通り、オンラインカジノの会社は、世界中の地域や政府などが保持するライセンス(運営許可)の発行を受けて、合法的な運営を行っています。オンラインカジノの会社がこの運営許可を得るためには、厳重な審査と検査をクリアしなければなりません。

オンラインカジノ会社のこのライセンスを取得し、その取得した国のサーバーにオンラインカジノのゲームソフトウェアが設置されることによって初めて、インターネットを利用して誰がゲームを遊んでも合法的に行われます。

オンラインカジノの中には、国の政府が直接運営を行うものもあります。例えばカナダのブリティッシュコロンビア州、スウェーデン、フィリピン、フィンランドなど、自国のプレーヤーがカジノを安心して楽しめるために、政府が直接運営するという道を選び、国の経済を発展させることへと繋げています。

オンラインカジノの法的位置とは

現在、全世界では、法律によりオンラインカジノで遊ぶ事を正式に許可している国が、80カ国を越え、年々増えています。別の言い方をすれば、現在「オンラインカジノで遊んではいけない」といった法律を明確に定めている国は一つもありません。

決済会社に対し、「オンラインカジノへの入金を取り扱ってはならない」といった法律を定めている国は例外としてありますが、これは個人を規制する法律ではないので、国自体がギャンブルを全面的に取り締まっている国でない限りは、プレイヤー個人を取り締まることはできません。

日本での法的位置

現在日本では、多くの国と同じように具体的なオンラインカジノに対する法律がありません。オンラインカジノをプレイしてはいけないという法律もありませんし、オンラインカジノの入金を取り締まる法律もありません。
また正式にプレイを許可している法律もないというノータッチとも言える状況です。

このように運営側が合法的な運営許可を持っていてオンラインカジノに対する法律がない状況ですので、法的にプレイすることが問題があるとは言えないでしょう。

世界的な視点で見ると、各国政府の傾向としては、オンラインカジノを正式に許可し、税金の徴収を運営会社に行う方向に向かっています。
オンラインカジノをプレイする側としては、このような世界的な方向性は、カジノで遊ぶ環境が良くなる方向ではあるので、ここ日本でも将来的には、オンラインカジノに対する議論を行い、世界的な基準に合わせたはっきりした方向性を決める事が必要とされることでしょう。