公平性
について

オンラインカジノの公平性について

イカサマのできないRNGという機能

全てのオンラインカジノのゲームは『RNG』という、イカサマのできない機能を使って勝ち負けの判定を行っています。
RNGというのは100%完全にランダムにカードや結果などを出す機能です。これはラスベガスのランドカジノと同じシステムであり、スロットマシーンなどにも取り入れられています。

しかし、そのRNGのシステムが本当にイカサマのできないものなのか?また、本当に結果の判定に使われているのか?というのが次の疑問として浮かんでくると思います。

先に説明した通り、オンラインカジノの運営を行う社長は、運営許可証(ライセンス)を取得しなければ運営を行えませんが、そこにゲームソフトウェアを用意するゲーム制作会社も同様に、ライセンスを取得しなければならないのです。これは運営会社への運営許可証の発行を行っている同じ国および地域が許可を行い発行するものです。

このライセンスを発行してもらうためには、カジノゲームのRNGエンジンやゲームのシステムが、特殊の第三者をチェックする機関の厳しい審査を受け、そのカジノゲームのシステムの管理部分に最高権限者以外が操作を行うことのできないかどうか、といった運営の体制までしっかりチェックを受けます。

審査をクリアしてカジノが公開された後も、検査は継続して行われ、確率などの結果に問題点がないかなどのチェックを受けます。ゲーム制作会社もこれらの審査の結果を一般公開する場合もあります。

オンラインカジノの審査を行う機関

オンラインカジノのゲームおよび運営を審査する機関は、下記のような会社があります。

まずはオンラインカジノに特化した監査サービスを行っている会社の「eCOGRA」です。
次に世界的にも有名な技術審査会社である「TST(Technical Systems Testing)」。この会社はオンラインカジノに限らず、ランドカジノのゲームのチェックも行っています。

そして、大手カジノは、世界最大級の監査会社である「プライスウォーターハウスクーパース」のように、世界的な規模の大企業が持っている監査会社を入れている場合もあります。

オンラインカジノはパソコンでプレイするゲームだからこそ、優良なオンラインカジノの会社は、間違いなく公正にゲームが行われていることを利用者に証明して、それをしっかりとアピールするためにライセンスと監査を抜かりなく行っているのです。