いちごレター

孫娘の音楽教室発表会を観ました

2018年2月18日

2月18日、孫娘がならっている音楽教室のピアノ発表会が国際交流センターのホールで行われ、夫とともに観ました。

U音楽教室は、地元生まれの先生が教えていて、とても評判がよいようで、今年で3回目の発表会です。年々教え子さんの数が増えているようで、この日も会場には、教え子さんの家族やおともだちがたくさん参加していて、演奏が終わるたびにたくさんの拍手がありました。

何しろ、プログラムは盛りだくさん。孫娘も4回も登場しました。ママとピアノの連弾も初めて行いました。弾き語りもドラムの演奏もやりました。

ピアノはだいぶ上達しました。ママとの連弾「歌劇・ジャンニ・スキッキ」「わたしのお父さん」もうまく弾きました。ただ、弾き語りはやはりむずかしいですね。曲は「どんなときも」。だんだん、声が小さくなって、舞台の両側から先生たちが手拍子をして励ましてくれました。

それでも無事に終わって、休憩時間になるとお友達と遊びまわっていました。先生の子どもさんはさすがに上手でした。小学生の息子さんが叩いたドラム、中島みゆきの「宙船」(そらふね)、うまかった! さすがです。