活動レポート

川崎市新年賀詞交換会に参加しました

2018年1月5日

1月5日、川崎市新年賀詞交換会がミューザ川崎シンフォニーホールで行われ、参加しました

180105-川崎市賀詞交換会・川崎総合科学高校吹奏楽部の演奏主催者あいさつのあと、市立川崎総合科学高等学校吹奏楽部による演奏が行われました。同校吹奏楽部は、昨年夏の吹奏楽コンクールで小編成部門で南関東大会まで勝ち進み、銀賞を受賞したそうです。

川崎市内福祉施設での演奏や市や県のキャンペーン事業にも参加されているそうです。この日は4曲演奏してくれました。「アブラムの追跡」、ベトナム戦争の犠牲者を悼む作品「交響詩『ベトナムの回顧~失い倒れた英雄たち』」、

北海道民謡ソーラン節をファンク、ビートと融合させアレンジした曲「ソーランファンク 北海道民謡」、そして川崎総合科学高等学校吹奏楽部の長谷川剛士氏の作品で、東日本大震災の復興応援ソングの「笑顔でまっしーん」でした。この日のためのオリジナルパフォーマンス付きで演奏しました。

生徒のみなさん、この日のためにお正月早々練習されてきたのでしょうね。
新春にふさわしい、とてもすてきな演奏でした。