活動レポート

「11・3国会包囲大行動」に参加しました

2017年11月3日

11月3日、日本国憲法施行71年目の日、午後2時から行われた「安倍9条改憲NO! 全国市民アクション 11・3国会包囲大行動」に私も参加しました。永田町駅から外にでると、参加者で道路はいっぱい。上を見上げると抜けるような秋空が広がっていました。

171103-議員会館前から国立国会図書館方面を望む私は中原区の仲間たちが待っている参議院議員会館前での抗議行動になりました。この場所から見える国立国会図書館の道路は立錐の余地もないほど、人があふれていました。

この日は4ヵ所にステージが設けられ、一番大きなステージ「国会正門前ステージ」には、政党の代表、著名人の方々、韓国の民主化運動に取り組んできた中心的運動家などが参加していて、次々と怒りの声があがりました。

私たちが抗議行動をしていた場所の前を、様々なプラカードを掲げた人が通ります。田村智子参議院議員も見えて、みんなでエール交換の握手。山添拓参議院議員ともエール交換をしました。

昨年の参議院選挙でいっしょに闘った椎葉かずゆきさんにも会いました。川崎の社民党の方にもお会いして、先の選挙でごいっしょしたことで、ずいぶん親しくなりました。

立憲野党が信頼し合いながら、共闘してこそ安倍政権を退陣させることができる。選挙戦を前にして、野党第一党の民進党が事実上解体し、自民党の補完勢力である希望の党に合流するなどという、いままでの市民との約束からいっても考えられない、まさに異常な事態がおき、

あんなにがんばってきた野党共闘がもう終わりかと思われたなか、ぎりぎりで立憲民主党ができ、日本共産党は決してぶれないで、困難な中でも身をきってでも野党共闘の大道を守り、進めてきました。

この日の行動参加者は4万人、さらに全国各地でも同様の抗議行動が行われました。集会が大きく成功したのも、この間の困難をみんなで乗り越える努力があったからだと胸が熱くなりました。闘いはこれからです!!