活動レポート

東京都議選の蒲田駅頭街頭演説会に参加しました

2017年6月9日

6月9日、あと3週間で東京都議選の投票日を迎えようとしている夕方、蒲田駅東口で、日本共産党都議予定候補の佐藤 伸 さんと、藤田りょうこさん、そして小池晃書記局長を迎えての街頭演説会が開かれるとの情報が入り、川崎市役所から蒲田に向いました。

170609-蒲田駅前の街頭演説会の模様駅前にはたくさんの人が来ていました。そしたら、大庭裕子さんが「午後から応援に来た」といって、チラシを配布していました。

いよいよ街頭演説会が始まり、大田病院の女性医師と、蒲田民商の会長さんが応援演説。2人とも名演説でした。

藤田りょうこさん、いいですね。看護師として命に向き合ってきました。フルマラソン、トライアスロンなどに参加し、フットワーク抜群、3人の男の子のお母さん、話し方もとても好感がもてます。

佐藤 伸 さんは、太田区議を10年務めてきた、試されずみの政治家です。ものづくりのまち大田区で中小企業にあこがれ、19歳のとき大田区に出てきたそうです。

その間、ご自身も倒産を経験したそうですが、区議になって、ずっと中小企業の業者に寄り添い、ともに考え、さまざまな中小企業者に役立つ施策の実現をしてきました。

この経験を活かし、都議としてもっとみなさんの役にたっていきたい、と、説得力のある期待を十分担える候補者だと思いました。佐藤さんも4人の子どものお父さんです。2人の予定候補者にたくさんの拍手が寄せられました。

最後の演説にたった小池晃書記局長の話しが、聴衆を圧巻しました。さわやかな2人の予定候補に、大田区で絶対勝ち抜いてほしい、と思いました。