議会活動報告

共産党市議団の団長を長く務めた竹間幸一議員が10月31日付で辞職しました

2014年11月1日

私たち、日本共産党市議団の団長を長く務めた、幸区選出の竹間幸一議員が10月31日付で市会議員を辞職しました。

この3月、視察先で雪のなか転倒し、前頭葉を強く打って、頭蓋骨を骨折し病院に搬送されました。その後、硬膜下出血の恐れがあると診断され、6か月間の安静治療が必要との診断書のもと、休養されていましたが、今後も加療が必要との医師の診断があり、ご本人、家族の方々と相談のうえ、辞職されたものです。ご本人も無念だったことと思います。

竹間幸一議員とは、隣の区で同期でもあり、27年間ともに議員活動をしてきました。昨年あたり少し体調を崩され、長い間共産党市議団の団長として心労が重なったのではと、私は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

竹間さんは、共産党市議団の要としていつも前面にたって、むずかしい政治的判断などにも対応し、市民のくらし、福祉を守る先頭になってきました。ふだんはとても寡黙な方で、愚痴などこぼしたことはありませんでした。情にもろく、議会質問中、つらい思いで暮らしている方に思いをはせ、言葉が詰まることも度々ありました。

10月の末、議会局に竹間さんの奥さんと辞職の挨拶に行き、経過を説明しながら、私自身、この27年間のことが思い出され、胸がつまってしまいました。

来年は市議会改選の年です。竹間さんの後継者は、がんばっています。
治療に専念され、体調が回復されますように、議員団全員、竹間さんのがんばりに負けないようしっかりやっていきたいと思います。