活動レポート

今年も放射線量の測定をおこないました

2019年2月18日

2月18日、今年も放射線量の測定を行いました。

190218-放射線量の測定(中原平和公園)東日本大震災のあと、すぐに福島第一原発が爆発し、大量の放射能が放出されました。あれから8年が経とうとしてはいますが、私たち共産党市議団は、毎年「定期・定点」での放射線量の測定を続けています。

中原平和公園の「川崎市核兵器廃絶都市宣言」の碑の近くの草地で毎時0.05μシーベルト、野外音楽堂前の排水溝そばで毎時0.06μシーベルト、木月住吉公園の草むらで毎時0.05μシーベルト、という状況でした。

測定したいずれの場所でも、川崎市の基準値(毎時0.19μシーベルト)を下回っていました。

今年は、私がバトンを手渡す市古次郎も参加して、いっしょに測定を行いました。