活動レポート

来年度から使用の中学校道徳教科書は「学研」に決まりました

2018年8月26日

8月26日、午前10時から総合教育センターで、教育委員会臨時会議が開かれ、来年度に使用する教科書の採択が行われました。特に今年は初めて中学校で使用する道徳教科書が採択されるということで、たくさんの市民の方々が傍聴に駆けつけました。もちろん私も傍聴しました。

180826-道徳教科書採択の教育委員会会議(開会前の様子)5人のそれぞれの教育委員が、8つの発行社が出した道徳の教科書を事前に読み込んで、発言しました。

吉崎委員は、一定の方向性を出さずに生徒自身が考えるという立場から「学研」と「東書」を推薦しました。

前田委員は、大きな方向性は示してもいいのでは、特に中学校は教師も忙しいので、何も方向性のない教科書はむずかしい、書くことが苦手の生徒への配慮も必要なのでは、などの立場から「東書」と「光村」を推薦しました。

小原委員は、いろいろ選ぶのはむずかしい、なかにはマンガを使っているものもあり、これは入りやすいと「東書」、「日文」、「学図」を選びました。

中村委員は、それぞれに工夫はされている。子どもたちが大人になる頃はさらに多様化がすすんでいる。大人の言うことを鵜呑みにするのではなく、将来出会う様々な問題に対応していける子どもになってほしい。自由な発言が保障できるようにと、「学研」と「光村」を選びました。

高橋委員は、自分は保護者代表として教育委員に就いた。子どもがどう考えるか、川崎の子どもたちに何が必要か、考え議論する道徳であってほしい。設定が古すぎるものがある、わかりやすいものがよいと思うが、上から目線、価値観の押し付けの教科書がある。展示会における意見もみたと、「学研」か「光村」を推薦しました。

渡辺教育長は、8社ともそれぞれよく書けている。そのなかでも「光村」か「学図」と発言しました。

審議は2順目に入り、吉崎委員は自分の頭で考え、深められる教科書がよい。「東書」もわるくない、「学研」がよい、と。

中村委員は、先生が初めから答えをもっている必要はない。子どもと一緒に考えていく、そのことが学級運営もうまくいくのではないか、「学研」がよい、と。

高橋委員は、「光村」は考えるということになると、方向性を示し過ぎている。「学研」がよい、と。

小原委員は、見易さで絞るとすれば、「東書」、と。

高橋委員はさらに、教科書がすべてではない。その道徳の教科書で川崎の子どもたちが、身近に感じられるだろうか、と疑問を呈しました。

さらに、初めての経験なのでと、渡辺教育長に「いままで教科書の採択は学校での意見がそのまま採択に結びくと理解してよいか?」と質問。

教育長は、「基本的にはそうだ。ただ、教科書審議会で意見が出たときは違ってくる」と答えましたが、その点で川崎の教育行政に汚点を残したのが「高校日本史」の選定に至る経過でした。

今回は真摯な議論が展開されました。特に女性委員の発言は、よく各教科書を読みこんでいて、子どもたち、保護者の気持ちに寄り添っていたと私は思いました。

川崎の道徳教科書は「学研」(株式会社学研教育みらい)に決まりました。

教育長は、特に傍聴者に向って、「アンケートでの意見がありましたが、道徳教育の子どもの評価は、入学選考の当否の資料にはしません」と述べました。

それにしても、道徳教育で子どもを評価することは、やはりおかしい。