活動レポート

また猛暑が戻ってきました!

2018年7月29日

7月29日、関東地方をかすめ、西日本方面に針路をかえた台風12号、川崎では被害もなく、少しホッとしましたが、先日の大豪雨の地域にまた台風が襲ったことは、ほんとうに大変なことだと思います。被災地のみなさまに改めてお見舞い申し上げます。

また、暑い日が戻ってきました。ぎらぎらの太陽の下、ろくに日焼け止めもせず、自転車で走り回っていました。体はもう、汗が吹き出し、目のなかに汗が入ると痛いこと、塩分が出ているのですね。水だけでなく、塩分も少しは補わないとこの暑さは乗り切れませんね。

食事を済ませ、午後も炎天下です。自転車で走りまわっていたら、夕方近く気持ちが悪くなってきました。これはたいへんと、簡単に買い物して家に戻り、少し横になっているうちに治ったようです。

180729-子ども納涼会夕方から、上平間第1町会主催の「こども納涼会」に遅れて参加しました。玉川小学校の校庭で、町会の役員さんが中心になって、スイカ割り(ビニールスイカに棒があたれば、ほんもののスイカがもらえるという仕組みのスイカ割りでした)、ゲーム、フランクフルト、焼きそば、かき氷などのお店がでて、ビンゴゲームもありました。

納涼会の途中、上空を2機のヘリコプターが低空で旋回していました。かなり長い間。いったい何があったのだろうと、招待された方々も心配そうに空を飛ぶヘリコプターを見ています。

多摩川で水難事故でもあったのではないかと。そのうち、どうも上丸子あたりで火事が発生しているらしい、というのです。

それは、じっとしていられないと、納涼会の会場を後にして、上丸子の方面に自転車を走らせましたが、火事はどうもうわさの域らしい、それはよかった、と山王町あたりから多摩川の土手のサイクリングロードを走りました。

そしたら東京側の河川敷に消防自動車、救急車、パトロールカーがたくさん来ていて、サーチライトで照らしています。ガス橋までくると今度は川崎側の河川敷に救急車、消防自動車などが止まっていました。

何があったのか、そのときは聞けませんでした。やはり水難事故があったのかもしれません。多摩川は台風の影響で水嵩は増していました。