議会活動報告

消防艇で京浜運河を視察しました

2018年5月24日

5月24日、川崎市消防局関係の視察で、臨港消防署千鳥町出張所から、消防局所有の消防艇・第5川崎丸に乗船し、京浜運河など海上視察を行いました。

180524-消防艇・第5川崎丸に乗船して京浜運河などを視察しました 消防艇は昭和39年から運行し、年間10件ほどの湾内火災に対応しています。

第5川崎丸は、水深の浅い場所でも活動が可能で、高い位置の泡放水砲を設置し、大型船舶火災の消火が可能です。救急用資材を装備し、小型救助用ボート、電動式救助リフタ及び潜水用具を搭載し、人命救助活動にも有効とされています。

この日は穏やかな天気に恵まれ、海上も静かで、約50分間京浜運河を航行してきました。

180524-東扇島のコンテナターミナル東扇島のコンテナターミナルの前も航行しましたが、一緒に乗船し、案内をしてくださった職員の方が「お、今日はめずらしく大型船が着岸している。よくここを航行するのですが、大型船に出会うことはめったにありません」と話しましたる

船内は、「あんまりそのようなことは言わない方がいい」などという議員もいて、複雑な雰囲気になった場面もありました。